昭和トラベラーGen!(小学編)

小学~中学校卒業までの体験談を面白くブログに書きたいと思います。
読んでくれる方達と一緒に昭和へタイムスリップできたら嬉しいです。

当時は勉強もせず、本当におバカな生活を毎日しておりました。
読んで頂き、沢山笑って頂けたら嬉しいです。
                        Genより

カツアゲ vs 王

Genです。



前回のブログのあらすじです。



ヤンキー族3人にカツアゲされていたGen達は



少し反抗的になり、声をあげた事で



ヤンキー達がGen達にまさかの譲歩案をだしてきました。



その内容が野球メダルゲーム3本勝負!!



意外な展開となりましたがしかし、



ルールがあまりにもひどくヤンキー族達にほぼ勝てることが



できないような条件でした。



※Gen達は小学4年生です。




それが野球メダルゲームで一人1回合計3回で



ホームランを打ってみろと言う



あまりにも無茶苦茶な話である。



しかし、Gen達には無傷で帰るためには



この条件をのむしかなく渋々チャレンジする事に



そして、1番バッターのDくんはあっさり空振り!



2番バッターのGenはまさかの快音が!



しかし、結果はヒットと残念な結果に…



そして、次に待機していたのは普段からおとなしい、細い体のFくん



Fくんはカツアゲされてからまだ一度も口を開かず完全にオーラを消していた。



どう考えても打てそうな感じはなく…



負けた時の事が頭をよぎる。



そして、FくんがついにバッターBOXに立つ



メダルを入れて最後のチャンスだ…



まだ無言のFくん










逆に無言のせいもあり集中しているようにも見える…



そしてタイミング良くボタンを押す。



ブン!!



あの華奢な体のFくんが



一瞬!!



こんな感じに見えたのです。





王貞治!!



カッキーン!!






そして快音が響きわたり!!



まさかの…



ホームラン!!



Fくんは一言も口をきかずに大仕事をやってのけたのです。



喜ぶ三人とそれを見て予想外の展開に戸惑うヤンキー族達



当時、僕たちがチャレンジしたメダル野球ゲームは



ホームランの時だけはカウンターに言って



メダルをもらわなければいけない仕様でした。



まさかの展開に少し時が止まる…



ふと我に返った、ヤンキー族達の一人が



カウンターにコインを走って貰いに行く。



その時、ヤンキー族達に一瞬の隙が



Gen達に逃げるチャンス!!



ルールには勝ったが素直に帰してくれるか



まだわからないので、ここで一気に



3人で突破を図る!



フォーメーションが崩れたヤンキー族達も



とりあえず追ってくる!!



全力で逃げるGen達!!



このまま逃げ切れるのるか?

   

                  つづく

15の夜
15の夜
Sony Music Records Inc.
2014-04-15
デジタルミュージック


皆様を昭和にタイムスリップできるように努力致します。
よろしければ応援のプッシュをお願い致します。
  ☟


にほんブログ村


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。